Rust製ゲームエンジン Bevy Engine 0.9 リリース

Bevy 0.9 は、Rust を利用したオープン ソース ゲーム フレームワークにいくつかの改善をもたらします。

Bevy 0.9 リリースのハイライトは次のとおりです。

  • HDR 後処理、トーンマッピング、ブルーム: Bevy には新しい HDR 後処理とトーンマッピング パイプラインがあり、これを使用して「ブルーム」後処理効果を実装しました。

  • FXAA : 高速近似アンチエイリアシングが追加されました。これにより、ユーザーはスクリーン スペース アンチエイリアシングの安価な新しいオプションを利用できます。

  • Deband Dithering : この新しい後処理効果でグラデーションの精度エラーを隠します!

  • その他の後処理の改善: ビュー ターゲットのダブル バッファリングと自動レンダー ターゲット形式の処理。

  • 新しいシーン形式: Bevy の新しいシーン形式は、より小さく、手動で構成するのがより簡単で、読みやすくなっています。「人間が読める」バリアントと「バイナリ」バリアントの両方があります。

  • コード駆動のシーン構築: クエリと特定のエンティティ参照を使用して、既存のアプリから動的にシーンを構築します。

  • 改善されたエンティティ/コンポーネント API : コンポーネントを使用したエンティティのスポーンは、これまで以上にシンプルで人間工学的になりました。

  • エクスクルーシブ システムのリワーク: エクスクルーシブ システム (独自の ECS ワールド アクセスを持つシステム) は、使いやすさが大幅に向上した単なる「通常の」システムになりました。

  • 列挙型リフレクション: Bevy Reflect は列挙型を反映できるようになりました。これにより、列挙型が Bevy のシーン システムに公開され、列挙型のエディター ツールへの扉が開かれます。

  • タイム シェーダー グローバル: 時間がグローバルとしてシェーダーに渡されるようになり、カスタム シェーダーでの時間駆動アニメーションが簡単になりました。

  • プラグイン設定: プラグインは、プラグイン グループでオーバーライドできる設定を持つことができるようになり、プラグイン構成のストーリーが簡素化されました。

  • Bevy UI Z-Indices : ローカルおよびグローバルの z-indices を使用して、UI 要素を互いに積み重ねる方法を制御します

主なリンク

Bevyホームページ

Bevy – Bevy 0.9