Python – unixtime datetime 文字列相互変換

 

 

from datetime import datetime

str_datetime = "2020-10-26 17:22:51"

# 文字列から datetime に変換

dt = datetime.strptime(str_datetime '%Y-%m-%d %H:%M:%S')

# datetime から unixtime に変換

dt.timestamp()

# unixtime から datetime に変換

dt = datetime.fromtimestamp(ut)

# datetime から文字列に変換

dt.strftime('%Y-%m-%d %H:%M:%S')

現在の日時を取得する

# curr_date_time.py

from datetime import datetime

curr_datetime = datetime.now()
curr_date = curr_datetime.date()
curr_time = curr_datetime.time()

print(f"The current date time is {curr_datetime}")
print(f"Today's date is {curr_date}")
print(f"Current time is {curr_time}")

日付と時刻をそのコンポーネントに分割する

# curr_date_time.py

from datetime import datetime

curr_datetime = datetime.now()

curr_year = curr_datetime.year
curr_month = curr_datetime.month
curr_day = curr_datetime.day

curr_hour = curr_datetime.hour
curr_min = curr_datetime.minute
curr_sec = curr_datetime.second

print(f"The current date time is {curr_datetime}")

print(f"The year is {curr_year}")
print(f"The month is {curr_month}")
print(f"The day is {curr_day}")

print(f"Current hour of the day is {curr_hour}")
print(f"Current minute of the day is {curr_min}")
print(f"Current seconds are {curr_sec}")

手動の日付と時刻オブジェクトの作成

# new_date_time.py

from datetime import date

req_date = date(year=2017,
                month=1,
                day=1)

print(req_date)

タイムデルタ

timedeltaオブジェクトは、二つの日付や時刻の差を提供します。一般的な構文は次のようになります。

今から2日3時間15分先の日時は?

# new_date_time.py

from datetime import datetime,timedelta

# Get the current date and time
curr_date_time = datetime.now()
print(curr_date_time)

time_diff = timedelta(days=2,
                    hours=3,
                    minutes=15)

# Add time diff to the current time
req_date_time = curr_date_time + time_diff

print(req_date_time)

2019年6月1日午前9時の1週間前と3日前の日時は?

# new_date_time.py

from datetime import datetime,timedelta

# Get the base date and time
base_date_time = datetime(year=2019,
                        month=6,
                        day=1,
                        hour=9)
print(base_date_time)

time_diff = timedelta(weeks=-1,
                    days=-3)

# Subtract time diff to the current time
req_date_time = base_date_time + time_diff

print(req_date_time)

タイムゾーンの処理

# new_date_time.py

from datetime import datetime

dt_object = datetime(year=2019,
                     month=1,
                     day=1)

print(dt_object.tzinfo)

これは、pythondatetimeモジュールの欠点の1つです。Python datetimeモジュールのクラスまたはメソッドを使用して、datetimeオブジェクトにタイムゾーンを認識させる方法はありません。それはあなたがそれを達成できないという意味ではありません。pytzライブラリを使用して、アプリケーションにタイムゾーン情報を追加できます。

では、正しいタイムゾーン名を見つける方法は?

1. すべてのタイムゾーンデータベース名のリストについては、ここを参照できます。

2. pytzライブラリを使用して、すべてのタイムゾーンのリストを作成することもできます。

# tz_list.py

import pytz

print(pytz.all_timezones)

上記の方法のいずれかを使用すると、要件に合った正しいタイムゾーンを選択できます。タイムゾーンの名前を取得したら、それをアプリケーションに含めることができます。

# tz_info.py

from datetime import datetime
import pytz

dt = datetime.now()
readable_dt = datetime.strftime(dt, "%d/%m/%Y, %H:%M:%S")
print(readable_dt)

tz_India = pytz.timezone("Asia/Calcutta")
dt_India = datetime.now(tz_India)
readable_dt_India = datetime.strftime(dt_India, "%d/%m/%Y, %H:%M:%S")
print(readable_dt_India)

上記のコードスニペットを実行すると、現在の日時とインドの現在の日時の違いを確認できます。

https://www.pylenin.com/blogs/mastering-python-datetime/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Next Post

"Dear PyGui" 使いやすく強力な PythonGUIフレームワーク

金 11月 6 , 2020