Python Panda3D GI + AO デモ

https://www.youtube.com/watch?v=dHBLPNNjkrg

https://www.youtube.com/watch?v=dHBLPNNjkrg

これはボクセルコーントレースを使用した最初のテストです。 サイズは256 ** 3のoctreeとCryTekのスポンザモデルを使用しています。 それはまだ非常にバグが多く、改善されます

フラップはフレームレートをロックしました。パフォーマンスは約10ミリ秒なので、100FPSです。 GIは、Panda3Dの新しい計算シェーダー機能で計算されます。

https://www.youtube.com/watch?v=2Ll1x61MB2M

これは、変更されたライトプロパゲーションボリュームを使用して、RenderPipelineに含まれている現在のGIソリューションを示しています。 表示されたシーンは、GTX 670で30 FPSでリアルタイムに実行されます。

球面調和関数の代わりに天窓の寄与と指向性ボクセルを含むLPVに基づく手法を使用して、標準の光伝播ボリュームよりも優れた結果を達成しています。

ビデオでわかるように、すべての光源はGIをサポートし、キャストします。 光源のスポーンとGIのキャストの間に少し遅延があります。また、遷移はまだスムーズではありません(これは簡単に解決できます)。

示されているシーンは、Dabrovic Sponzaと呼ばれます。

ここで私のレンダーパイプラインをチェックしてください:

http://github.com/tobspr/RenderPipeline

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Next Post

PBR(物理ベースレンダリング)の理論

木 7月 30 , 2020
https://learnopengl.com/PBR/Theory