UnrealEngine用の骨格および静的メッシュベーキングプラグイン

 

 

https://4hinteractive.com/meshbake?rdt_cid=2767756519339847772

エディタでスケルトンメッシュマテリアルとスタティックメッシュマテリアルをベイク処理してマージします

MeshBakeを使用すると、エディターでメッシュをベイク処理でき、サードパーティのプログラムでベイク処理するときに必要になる面倒なインポートとエクスポートを回避できます。

MeshBakeは、SkeletalメッシュとStaticメッシュの両方のマテリアルとセクションをエディター内でベイク処理およびマージできるようにするC ++プラグインです。MeshBakeを使用すると、エディターを離れることなくメッシュをベイク処理できるため、サードパーティプログラムでベイク処理するときに通常必要となる、面倒なアセットのインポートとエクスポート、およびマテリアルの再作成を回避できます。

Video 1: Demonstration Video

Video 2: Reducing drawcalls from 7700 to 1000 with MeshBake

Video 3: Merging modular Skeletal Meshes to one output Skeletal Mesh while also baking the materials

特徴:

* スケルトンメッシュとスタティックメッシュの両方のマテリアルをベイク処理してマージします

* SkeletalMeshスキニングは保持されます

* SkeletalMeshのボーン、ソケット、およびスケルトンが保持されます

* シェーディングモデルタイプに基づくマテリアルの自動マージ/ベイク処理

* 手動で定義された入力/出力セクションマップに基づいてマテリアルをマージ/ベイクします

* 頂点カラーをベイク処理(オプション)

* 頂点カラーの転送(オプション)

* 衣類と衣類セクションの移動(オプション)

* PIEのコンポーネントで実行するか、コンテンツブラウザのアセットで直接実行します

* In-Editorプラグイン、アセットのインポート/エクスポートは必要ありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Next Post

デバッガーの使い方を学ぶ

火 11月 10 , 2020