ダイヤモンド・プリンセスがコロナウイルスで大惨事になった理由

ダイアモンドプリンセスが1月20日に日本の横浜港を出港したとき、乗船中の2,666人の乗客は中国、ベトナム、台湾への旅行でくつろぐ準備ができていました。

ダイアモンドプリンセスが1月20日に日本の横浜港を出港したとき、乗船中の2,666人の乗客は中国、ベトナム、台湾への旅行でくつろぐ準備ができていました。

しかし、2週間後、彼らは自分のキャビンに閉じ込められ、毎日数時間しか許可されず、世界中の75,000人に感染した542人の同乗者と乗組員がCovid-19ウイルスの陽性を確認しました。

ダイヤモンドプリンセスは、感染のホットスポットとなっています。中国以外で確認されたすべての症例のうち、半数以上がクルーズ船に乗っていた。症例数が2番目に多いシンガポールでは、確認された感染は77件のみです。これが、東アジアでの快楽旅行が致命的な流行との戦いの戦場になった理由です。

2週間以上にわたり、ダイアモンドプリンセスの乗客は、通常は食事を提供する慈善団体によって海岸に設置された一時的なキッチンで準備されたマスクと手袋を着用し、1日3回の箱詰めの食事をしました。

公式の検疫は2月19日に終了するように設定されていますが、ほとんどの乗客は帰国後さらに2週間の隔離期間に直面するため、さらなる忍耐が必要になります。2月1日、5日前に香港で下船した乗客がCovid-19と診断されました。船の航海は2月4日に保健当局によって24時間健康診断のために一時停止されましたが、プリンセスクルーズは乗客と乗組員を確認する時間を増やすために横浜にドッキングし、旅行全体をすぐにキャンセルしました。10人の乗客が感染し、治療のために陸揚げされたことが判明しました。

2日後、感染者の数は41に増加しましたが、日本の保健省は、その時点でさらなる検査は必要ないと考えていました。残りの乗客は船上で検疫するように求められ、クルーズ会社は無料のインターネットアクセスを提供し、追加の衛星テレビチャンネルを切り替え、窓のない部屋にいる人にデッキで新鮮な空気を吸う機会を時々提供しました。乗客は、花、チョコレート、および子供向けのゲームやカードなど、スタッフから配られたギフトの写真をツイートしました。

2月8日に別の6件の事件が見つかり、1日後さらに66件が発生しました。プリンセスクルーズは、搭乗者にロックダウン中の機内持ち込み料金は請求せず、飛行機旅行を含むすべての費用を払い戻し、将来-誰もがそれを取り上げたいと思います。クルーズ会社はまた、乗客に海岸沿いの場所で検疫を完了するオプションを提供しましたが、医療スタッフがいなく、すべての食べ物は和風弁当であると強調しました。降りる人は最初にウイルスの検査を受けます。

その後まもなく、米国は米国の乗客を本国に送還すると発表した。搭乗を選択した 1人の乗客は、「USA!」そして彼らの出発が来たときに「この船から降りて」と。感染は引き続き増加し、検疫が終了する前日には169の新しい症例が発生しました。オーストラリアの医師は、機内で隔離された両親についてツイートし、「彼は監禁時に検査を受け、否定的でしたが、現在は肯定的です。監禁は機能していません。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Next Post

Python Pandas:空のDataFrameを作成し、Pythonで行と列を追加する方法

金 2月 21 , 2020
空のDataFrameを作成し、後で行または列を追加してデータを入力するさまざまな方法について説明します。